« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月24日 (日)

ドッソ・ドッシ作「ユピテル、メルクリウスとウィルトゥス(美徳)」

9月5日の記事で、東京富士美術館で開催された「ポーランドの至宝」展の鑑賞記を書いたが、 今回の記事は、そこで見たドッソ・ドッシ作「ユピテル、メルクリウスとウィルトゥス(美徳)」について。

ドッソ・ドッシ作「ユピテル、メルクリウスとウィルトゥス」

これはずいぶん変わった内容の絵だ、ユピテルが蝶の絵を描いているとは... いったいどういう主題なのか、すごく気になるので、詳しく調べてみた。

アルベルティの「Intercenales」

図書館で探してみたところ、以下の本に、この絵についての詳しい解説があった。

  • Peter Humfrey and Mauro Lucco著
    「Dosso Dossi: Court Painter in Renaissance Ferrara」

それによると、この絵の解釈については様々な説があるが、結局のところ、何なのかは未解決の問題である、とされている。 ただ、おそらくは、レオン・バッティスタ・アルベルティの書いた「Intercenales」という本の中にある話がベースとなっていると考えられる、という。

レオン・バッティスタ・アルベルティは、ルネッサンス期に活躍した万能の天才で、特に絵画論や建築論についての著作で有名らしい。 文学の才もあったようで、その著作の一つである「Intercenales」は、夕食の席上で話すような軽いショートストーリーを集めた形の本。 その日本語訳は見つけられなかったが、以下の英語訳の本があった。

  • Leon Battista Alberti著、David Marsh訳
    「Dinner Pieces (Medieval and Renaissance Texts and Studies)」

この本の中に「Virtue[Virtus]」という2ページほどの短い話が載っていて、それがこの絵のもとになっているという。 以下に、その話を抄訳してみた。

メルクリウスとウィルトゥス(美徳の女神)の対話の形をしている。

「美徳(ウィルトゥス)」の話

【メルクリウス】

手紙でウィルトゥスに頼まれてやって来た。会って話を聞こうと思うが、終わったらすぐにユピテルのもとへ帰らなければならない。

【ウィルトゥス】

こんにちは、メルクリウス。神々に蔑まれている私に優しくしてくれて、ありがとうございます。

【メルクリウス】

話を聞こう。ただ、手短にしてもらえるかな。ユピテルにすぐに戻るように言われているので。

【ウィルトゥス】

あなたですら私の話を聞いてくれないのですか。 ユピテルにも、そしてあなたにすら見捨てられたら、誰が私の受けた仕打ちに仕返ししてくれるというのでしょう。 だれに助けてもらったらいいのですか!

【メルクリウス】

わかった、聞いてやるから、話せ。

【ウィルトゥス】

ええ。

私、ひどい姿をしているでしょう。フォルトゥーナ(運命の女神)のせいなのです。 かつてはちゃんと装っていたのです、エリュシオン(英雄や善人が死後住むという極楽浄土)で、 プラトンやソクラテス、デモステネス、キケロ、アルキメデス、ポリュクレイトス、プラクシテレス、そのほか大勢の、 生前は私を熱心に称えてくれた賢人たちに囲まれて。

そうしたらフォルトゥーナが突然現れたのです。 武装した悪漢どもをひきつれて、酔っ払い、乱暴に、私にどなったのです、「目上の神に道を譲らんか、この下級神めが」と。

訳もなく侮辱されて深く傷ついた私は、怒りをおぼえ、言ったのです「私は下級神なんかではありません。 それに、目上の神に道をゆずるべきだとしても、あなたに道を譲ろうとは思いません。」

彼女はすぐさま私を罵り始めましたが、私は無視しました。 プラトンは神々の道義について説教を始めましたが、彼女に激しく言い返されてしまいました 「うせろ、口やかましいやつめ。奴隷に神を弁護する資格なんかないんだよ。」と。 キケロも熱心に進言を始めました。 ところが悪漢の中からマルクス・アントニウスが突進してきて、彼の顔を殴ったのです。

これには他の友人たちも逃げ出しました。殺人や強盗や戦争に慣れた悪漢どもには誰も太刀打ちできなかったのです。 みんなから見捨てられて、私はさんざん殴られ、蹴られました。 着物はずたずたになり、しまいには私は泥の中に投げ捨てられました。

なんとか立ち上がると、真っ先に偉大なユピテル様にこのことを知らせようと、ここへ来たのです。 でも、お目通りを待って、もう1カ月になります。 出入りする神々に嘆願しましたが、言い訳を聞くばかりでした。 彼らが言うには、神々はキュウリの花を見るのに時間を費やしたり、蝶の羽根をきれいに描くのに骨を折っているというのです。 それが何だと言うのですか? 私を無視するほど、そんなに忙しいのですか? キュウリは満開になり、蝶は華麗に飛び回って、もうずいぶん長いこと経っています。 それなのに、私を愛し守ってくれる神も人もいない。

だからあなたにお願いします、メルクリウス。 あなたは神々の代弁者なのだから、私の訴えを聞いてください。 あなたしか望みが無いのです。 あなたの助けなくしては、人々のお笑い草になってしまいます。 柔弱な人間にすら見下されたら、神々の地位を汚すことになります。

【メルクリウス】

わかった、本当にかわいそうだ。 だが、古き友人として、君に忠告する。 君の訴えを聞き入れてもらうのは難しいだろう。 他の神々は言うまでもなく、ユピテル自身でさえ、フォルトゥーナには大きな恩があるし、彼女の力を恐れているのだよ。 フォルトゥーナの気分次第で、神を天国に上げるこもとあれば、放り出すこともできる。 彼女の怒りが消えるまで、下級の神々の中に身を隠しているのが賢明だよ。

【ウィルトゥス】

ならば永久に隠れていなければならないでしょう。 見下されて、天国から締め出されるしかないのですね。

まとめ

アルベルティの話は以上のようなものだが、その意味合いは要するに、美徳というのは運命に翻弄されて、かくも軽んじられてしまっている、という諷刺なのだろうと思う。

アルベルティの話では、ウィルトゥスは悪漢どもにやられてひどい姿をしていたとされているが、ドッソ・ドッシの絵では奇麗な姿に描かれているところが、一致していない。 そこで色々と解釈が分かれるところだと思う。

また、Peter Humfrey and Mauro Luccoの本によると、絵を描くユピテルの姿は、おそらく絵画芸術の寓意であろうという。

結局、この絵の意味するところは確実にはわからないが、自分として感じるのは、絵画芸術に没頭するあまり美徳を忘れることがないようにという教訓なのではないかと思う。

参考文献

この記事を書くにあたり、以下の本・Webサイトを参考にさせていただいた。

  • Peter Humfrey, Mauro Lucco著
    「Dosso Dossi: Court Painter in Renaissance Ferrara」
    The Metropolitan Museum of Art, New York, 1999
    1999年にニューヨークのメトロポリタン美術館で開催された展覧会のカタログ。27番(pp.170)にこの絵が載っている。

  • Leon Battista Alberti著、David Marsh訳
    「Dinner Pieces (Medieval and Renaissance Texts and Studies)」
    Binghamton, New Yrok, 1987
    「Intercenales」の英語訳。pp.21に「美徳」の話が載っている。

  • 小学館 世界美術大全集 西洋編 第13巻「イタリア・ルネサンス3」

  • ウィキペディアのレオン・バッティスタ・アルベルティのページ

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2010年10月12日 (火)

「ラファエル前派からウィリアム・モリスへ」展@いわき市立美術館

今回の記事は、福島県いわき市の市立美術館で開催されている「ラファエル前派からウィリアム・モリスへ」展について。

いわき市立美術館へ

特急スーパーひたちの写真

上野から常磐線特急「スーパーひたち」でいわきへ。

この特急に乗るのは初めてだ。いわきまで2時間10分ほど。

いわき駅前の写真

いわき駅前には、小さめの駅ビルと、LATOV(ラトブ)という公共/商業複合ビルと、いくつかの商店がある。

あまり大きな町ではない感じ。

いわき市美術館の写真

駅から歩いて15分ぐらいのところに美術館がある。

立派な美術館だ。

土曜午後だったが、観客は少なくて、空いていた。

ラファエル前派とは

この展覧会のテーマとなっている「ラファエル前派」というのは、これまであまりよく知らなかったのだが、参考文献を総合すると、大体以下のようなことらしい。

  • 19世紀後半のイギリス(ビクトリア朝時代)の芸術家たちのグループ。

  • ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ、ウィリアム・ホルマン・ハント、ジョン・エヴァレット・ミレイの3人の画家によって始められた。のちにエドワード・バーン=ジョーンズ、ウィリアム・モリスなど様々な芸術家たちが加わる。

  • 当時イギリスは産業革命で近代化し、人々は精神的な豊かさが失われていることへの不安感を抱き始めていた。そんな中、批評家ジョン・ラスキンは、芸術家と職人とが分離しておらず、人々が日々の労働の中に創造の喜びを見出していた中世を理想に掲げた。

  • ラファエル前派は、ラスキンの思想に支えられ、ラファエロ以前の、中世・初期ルネッサンスの美術への回帰を目指した。

  • ラファエル前派には様々な芸術家が参加し、それぞれの作品を残し、また去っていった。ラファエル前派とは何かという線引きは難しい。その芸術家たちは後に、アーツ&クラフツ運動、唯美主義、象徴主義へと展開して行った。

以下に、この展覧会でよかったと思った作品を3つとりあげることにする。

ウイリアム・ホルマン・ハント作「キリストと二人のマリア」

ウイリアム・ホルマン・ハント作「キリストと二人のマリア」の図版

ウイリアム・ホルマン・ハントは、ラファエル前派の思想に最後まで忠実であった、との解説なのだが ... どこいらへんが「ラファエル前」なのか、よくわからない。遠景の色彩なんかは印象派っぽい感じがする。

典拠は新約聖書のマタイによる福音書の28章にあるという。

イエス・キリストが磔刑ののち墓に葬られた3日後、二人のマリア(マグダラのマリアとヤコブ・ヨセフの母マリア)が墓を訪れると、天使からイエス・キリストがよみがえったと知らされる。二人のマリアは急いで弟子たちに知らせるために走って行った。すると...

すると、イエスが行く手に立っていて、「おはよう」と言われたので、婦人たちは近寄り、イエスの足を抱き、その前にひれ伏した。
イエスは言われた。「恐れることはない。行って、わたしの兄弟たちにガリラヤへ行くように言いなさい。そこでわたしに会うことになる。」
《新約聖書 マタイによる福音書 28.9~28.10》

こののち、イエス・キリストはガリラヤで弟子たちに会い、教えを世界に伝道するようにと命じたという。

モリス商会製「東方三博士の礼拝」

モリス商会製「東方三博士の礼拝」の図版

縦約2.5m横約3.7mの大きな壁掛け用タペストリーである。エドワード・バーン=ジョーンズがデザインし、ウィリアム・モリスの会社で製作されたものであるという。

ウィリアム・モリスは純粋美術と装飾美術の一体化を目指し、会社を設立して職人・アーチストを雇い、こういったタペストリーやステンドグラス、家具などを製作していたという。

内容はキリスト教会絵画ではとても多く見受けられる主題だと思う。イエス・キリスト降誕ののち、東方から占星術の学者たちが、ユダヤの王の星が輝くのを見たと言って、やってきて、イエス・キリストのもとにたどり着くと、ひれ伏して拝み、黄金と乳香と没薬を贈り物として献げたという。

真ん中にいる天使が手にしているのが、その星ということなのではないかと思う。右側の3人が博士たちで、それぞれに贈り物を手にしている。聖母マリアの後ろに立っているのは夫の聖ヨセフだろうと思う。

中世的な感じも受けるが、一方で登場者の顔立ち・容姿はずいぶん現代的にエレガントな感じがする。

周囲の風景がちょっと不思議で、森の中のような場所になっている。草花の描写が緻密で、その部分はジョン・ヘンリー・ダールという作家のデザインによるものだそうだ。花には、多分、それなりに意味があるのではないかと思うのだが ... ところどころに聖母の純潔を表すユリの花、そして聖母マリアの背後には聖母の象徴とされるバラの花が描かれているのがわかる。それ以外にも何種類かあるが、花の知識が無いもので、よくわからない。

フレデリック・サンズ作「エジプト女王ベレニケ」

フレデリック・サンズ作「エジプト女王ベレニケ」の図版

フレデリック・サンズは、ラファエル前派でも後のほうの世代の画家で、当時本や雑誌のイラストレーションの分野を代表する画家だったという。

色彩のきれいな絵だと思う。

主題は、どういう典拠なのかよくわからないのだが、プトレマイオス朝のエジプトの女王の伝説を描いたものだそうだ。ウィキペディアの「ベレニケ2世」のページに、その伝説が記述されている。

参考文献

この記事を書くにあたり、以下の本/Webサイトに掲載されている情報を参考にさせていただいた。

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

2010年10月 2日 (土)

アムステルダム国立美術館

9月中旬、仕事の出張で、アムルステルダムに行ってきた。 最終日、少し時間が空いたので、国立美術館を見てきた。

アムステルダム国立美術館

アムステルダム国立美術館

この美術館は現在改装工事中だと聞いていたのだが、正面の建物はまさに工事現場という感じだった。

アムステルダム国立美術館フィリップス棟

展示は現在、裏手にあるフィリップス棟と呼ばれる部分を使って行われている。

観光客らしき人が多く来場していて、結構混んでいた。

展示内容は17世紀の絵画が中心だったと思う。オランダが、かつて国際貿易の発達で繁栄し、「黄金時代」と呼ばれた頃だそうだ。 レンブラント、ヨハネス・フェルメール、ヤーコブ・ファン・ロイスダール、フランス・ハルス、ヤン・ステーンといった画家の作品が並ぶ。

レンブラント作「夜警」

展示の中で最も多くの観客を集めていたのが、このレンブラント作「夜警」。 この美術館の代表作にして、レンブラントの代表作とも言える作品だと思う。

レンブラント作「夜警」

大きな絵で、臨場感がある。

この絵は市民自警隊の注文により制作された集団肖像画だそうだ。 中央の黒い服の人が隊長で、その右隣にいる黄色の服の人が副隊長。 隊長が副隊長に対して行進を開始するよう命じ、隊員たちが動き出そうとしている場面を描いたものだそうだ。 その後ろにいる女の人が場違いな感じがして謎なのだが、隊のマスコットであると説明されている。

これが実は夜の情景ではないのだという。 そう言われてみると確かに、背景は暗い感じだけれど、隊長、副隊長に当たっている光は、昼の光のように見える。 背景には建物が描かれているようだ。建物の陰の暗がりのような場所で、左上から強い陽光が、スポットライト的に差しているように見える。

その光がとても強く印象的に隊長、副隊長、そしてマスコットの女性を照らし出していて、鮮やかだと思った。 副隊長の衣装は精緻に描写されていて、輝いているかのように見える。

これは確かに名作だと思う。

ヨハネス・フェルメール作「牛乳を注ぐ女」

ヨハネス・フェルメール作「牛乳を注ぐ女」

これは2007年に国立新美術館で開催された「「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展」に展示されていた絵だ。 そのときは混んでいてよく見れなかったが、この美術館ではゆっくり見ることができる。

レンブラントとは違って、とても穏やかな光の中の、日常生活の情景が伝わってくる。 17世紀のオランダの人というのはこういう感じだったのかと思いを馳せる。

ヤーコブ・ファン・ロイスダール作「ヴェイク・ベイ・デュールステーデの風車」

ヤーコブ・ファン・ロイスダール作「ヴェイク・ベイ・デュールステーデの風車」

風景画の展示も多かった。特にロイスダールの作品が多かったと思う。

風景画という分野が確立したのは17世紀オランダにおいてであったそうだ。 この風車の絵は、その頃の代表的作品として有名な絵だと思う。

17世紀のオランダの農村風景というのはこういう感じだったのかと思いを馳せる。

レンブラント作「エルサレムの破壊を悲しむエレミヤ」

レンブラント作「エルサレムの破壊を悲しむエレミア」

1630年というから、レンブラントがまだ24歳だったころの作品だ。

色合いが、派手過ぎず地味過ぎず、落ち着いていながらも印象深い、絶妙な絵だと思った。 精緻な描写が施されてるのにも目を惹かれる。 小さいならがも、存在感のある絵だと思った。

エレミヤは旧約聖書に記述された預言者の一人。 エルサレムがバビロニア軍によって滅ぼされるとの預言を語るも、人々に信じてもらえず、国の滅亡を防ぐことができなかった。そのことを悲しんでいる姿を描いたものだと思う。 左奥のほうに、おぼろげながら、炎上するエルサレムが描かれている。 エレミアの傍らにあるのは、神殿から持ち出した聖杯と聖書だという。

まとめ

17世紀のオランダでは、商業の発達により裕福になった市民が、絵画作品を買い求めたという。 確かに今回見た中には、聖堂に飾られるような荘厳なキリスト絵画とか、貴族の宮殿に飾られるような華やかな神話絵画は無かったと思う。 肖像画、風景画、静物画、風俗画が多く、また、大きさ的にも、集団肖像画以外は、家に飾れる程度の大きさのものが多かったと思う。 17世紀オランダ絵画というのは市民の絵画だったということを実感する。

参考文献

この記事を書くにあたり、以下の本/Webサイトに掲載されている情報を参考にさせていただいた。

  • RIJKSMUSEUM AMSTERDAM マスターピースガイド(日本語版)

  • 講談社刊 週刊世界の美術館No.10 アムステルダム国立美術館

  • 集英社刊/座右宝刊行会編 世界美術全集13 レンブラント

  • 美術出版社刊 [カラー版]西洋美術史

  • ウィキペディアの 夜警ヤーコプ・ファン・ロイスダールエレミヤ のページ

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »