« ディオニュソスとアリアドネ | トップページ | ポーランドの至宝展@東京富士美術館 »

2010年8月15日 (日)

トルクァート・タッソ作「エルサレム解放」

カポディモンテ美術館展の記事で書いたが、この展覧会で、一番いいと思ったのが、アンニーバレ・カラッチ作「リナルドとアルミーダ」だった。

この主題は、トルクァート・タッソというイタリアの詩人が書いた「エルサレム解放」という叙事詩の中にあるとのこと。 自分は文学の素養はほとんどないので、よくはわからないが、イタリアの古典文学においては非常に有名な作品らしい。

岩波から文庫本が出版されているので、買って読んでみた。

岩波文庫の本について 岩波文庫「タッソ エルサレム解放」

この叙事詩の題名は、日本語で直訳すると「解放されたエルサレム」というのが普通のようだが、この本は「エルサレム解放」という題名になっている。 訳者の解説によると、原作の意図を尊重して、「エルサレム」の語が力強く前置される訳語を書名とした、とのこと。

4月に発売されたばかりの、まだ新しい本だ。 表紙にはまさにカポディモンテ美術館展に出展されている絵が使われている。 偶然か必然かよくわからないが、この展覧会にちょうどマッチした本だ。

570ページもあって、文庫本としては分厚いが、これでも抄録。 編纂したのは、アルフレード・ジュリアーニという現代イタリアの詩人で、 トルクァート・タッソ作の詩句のうちの主要な部分を選んで抜粋し、それ以外の部分はアルフレード・ジュリアーニによる要約で語られている。

叙事詩の内容について

この叙事詩は第一回十字軍のエルサレム攻囲戦を描いたもの。 史実ではそれは1099年のことだったというから、タッソの時代においてはすでに500年近い昔だったことになる。 ただし、この叙事詩の記述は、史実にはあまり忠実ではないらしい。 登場人物的にも、実在の人物をモデルとしたところもあるようだが、基本的にはほとんどフィクションと考えたほうがいいようだ。

ストーリーは、端的に言うと、エルサレムを支配していた異教徒軍に対して、十字軍が戦いを挑み、 天の加護を受けて、さまざまな困難を克服し、ついには勝利し、 エルサレムを異教徒の手から解放する、というもの。 ただし単純な勧善懲悪的物語ではない。 敵対する異教徒たちの心情にも思いを寄せ、敵味方双方にわたって、壮絶な戦いに身を投じる者たちの人間味あふれる物語が展開する。 またそこには、十字軍の騎士と異教徒の女性との報われない恋愛の物語も織り交ぜられている。 そのあたりが、同情を誘うというか、なんとも切ない感じがする。

この本の冒頭、編纂者のアルフレード・ジュリアーニの文章では、「数ある英雄叙事詩のなかでも最も暗欝で、最も不穏で陰影の濃い作品である」と言っているが、 自分としてはそんなに暗欝だとは思わなかった。というか、結構楽しく読めた。 もっとも、自分は古典文学の素養はほとんど無いので、この分野での評価基準というものはわからないが ... 基本的には十字軍の騎士たちの戦いをキリスト教的に賛美するというのがメインのテーマなのだと思うが、 中世の東方世界の歴史物語の要素もあれば、騎士道あふれる英雄物語の要素もあり、異国の美女たちとのラブストーリーという要素もあり、魔法や神話を織り交ぜたファンタジーの要素もある。 さまざまな要素が織り込まれていて、とても面白い物語だと思った。

絵画作品について

この叙事詩は、当時としては大ベストセラーとなり、文学の分野のみならず絵画や音楽等も含め、バロック時代の芸術全般に深い影響を与えたそうだ。

自分の記憶では、この叙事詩に主題を得た絵画作品を、過去に3度見たことがあると思う。

シスト・バダロッキオ作「瀕死のクロリンダに洗礼を授けるタンクレーディ 一つ目は、2007年に、国立西洋美術館で開催された「パルマ―イタリア美術、もう一つの都」展に出展されていた、シスト・バダロッキオ作「瀕死のクロリンダに洗礼を授けるタンクレーディ」。
ジャン=フランソワ・ド・トロワ作「泉のほとりのリナルドトアルミーダ」 二つ目は、今年(2010年)5月に、高松市美術館で開催された「カンヴァスに描かれた女性たち」展に出展されていた、ジャン=フランソワ・ド・トロワ作「泉のほとりのリナルドとアルミーダ」。
アンニーバレ・カラッチ作「リナルドとアルミーダ」 そして三つ目が、今回、国立西洋美術館で開催されたカポディモンテ美術館に出展されていた、アンニーバレ・カラッチ作「リナルドとアルミーダ」。

いずれも、この叙事詩の中に出てくる、十字軍の騎士と敵軍の美女との、悲しい愛の物語である。 前に述べたように、この叙事詩にはさまざまな要素が織り込まれているが、絵画作品としてはやはり、ラブストーリーのところが絵になるようだ。 この叙事詩にはもうひとつ、異教徒の王女エルミーニアがタンクレーディに恋をするという、これまた悲しい話があるのだが、それを主題とする絵画作品も、自分としてはいまだ見たことがないが、いくつか存在するようだ。

参考文献

この記事を書くにあたり、以下の文献・Webサイトを参考にさせていただいた。

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

« ディオニュソスとアリアドネ | トップページ | ポーランドの至宝展@東京富士美術館 »