« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月25日 (日)

ポンペイ展@名古屋市博物館

のぞみ13号@新横浜

7月17日の土曜日に、ポンペイ展を見に、名古屋に行ってきた。

この展覧会は横浜美術館で開催されている最中に一度見たのだが、もう一度見に行きたいと思っているうちに会期が終わってしまい、巡回で名古屋市博物館に行ってしまった。 記念講演会もあるとのことで、日帰りで名古屋へ行ってみることにした。

新横浜から新幹線に乗ると、名古屋まで83分ほどで着く。

名古屋市博物館

名古屋市博物館

名古屋からは、地下鉄桜通線に乗り、15分ぐらいのところにある桜山駅で降りる。 名古屋市博物館は駅から歩いて5分ぐらいのところにある。周りは住宅地という感じ

横浜展と比べると、会場がちょっと狭い。ただ、展示内容は、多少順番が違うところがあるものの、同じものが展示されていたと思う。

坂井先生講演

この展覧会の記念講演会として、同志社大学講師で、この展覧会の監修者である坂井聰氏の講演があり、拝聴した。

坂井先生は、長年にわたりポンペイの発掘調査に携わってこられたとのことで、その経験を踏まえて、古代ローマ帝国史におけるポンペイの位置づけについての話だった。 明瞭な話し方をされるし、論旨も明確で、非常にわかりやすい講演だった。 勉強になったと思う。

自分としてこの講演で興味深いと思ったポイントをまとめると:
(にわか勉強なので、間違っているところもあるかもしれないが...)

  • ポンペイが都市として成立したのはBC6世紀ごろ。BC91年に、他の都市と同盟して、ローマに戦争をしかけたが、負けた(同盟市戦争)。 その後古代ローマ帝国支配下の都市となる。 そしてAC79年にヴェスヴィオ山の噴火があった。
  • 古代ローマ帝国というのは、あまり中央集権化が発達していない国家で、地方の都市はそれぞれの自治に任されていた。 ポンペイもそんな地方都市の1つだった。古代ローマ帝国の中では、とりわけ注目されることもない、普通の地方都市だった。
  • 一般に、古代ローマ帝国について残っている歴史的史料というのは、ほとんどが中央のローマや支配者に関するもの。 そんな中にあって、ポンペイは地方都市についての史料が豊富に残されている。 その意味で、ポンペイの重要さは、まさに普通の地方都市であったということにある。
  • この時代の先進文化はギリシャであり、古代ローマ帝国の人々はギリシャ文化を生活の中に進んで取り入れていた。ポンペイがある南イタリアは、古代ローマ帝国にギリシャ文化が流入する窓口のような位置にある。中央のローマほどの豪華さでは無いが、ポンペイの市民たちも彼らなりの規模で、生活の中にギリシャ文化を取り入れていた様子を見ることができる

展示

坂井先生の講演でも話があったように、今回の展覧会は、ポンペイの人々の生活が垣間見える内容だったと思う。

自分としては特に、祭壇の神々の像と、ディオニュソスとアリアドネのフレスコ画が、おもしろかったと思う。

祭壇の神々

小さな像ではあるが、ウェヌス、ヘルクレス、メルクリウス、ミネルウァ、ユピテルなどの神像が展示されていた。 展覧会カタログの解説によると、市民の家には「ララリウム」と呼ばれる祭壇があって、そこにこのような小型の神像が置いてあったそうだ。 この時代の市民は、こういうふうに神々を信仰していたのかと、興味深かった。

ルネッサンス以後の絵画に描かれたものとは、共通しているとこもあるが、だいぶ違う感じがする。 特にメルクリウスは違うと思う。 この時代には商売の神として信仰さていたそうで、手に持っているのは財布なのだそうだ。

ディオニュソスとアリアドネ

ディオニュソスとアリアドネ

写真だともやもやした感じに見えるが、実際近くで見ると、登場人物たちの表情がわりとはっきりと見て取れ、情景がとてもよく感じられる。 色彩もきれいだと思う。

アリアドネは、アテネの英雄テセウスがミノタウロスを退治するのを助け、その後アテネへと航海する途中、立ち寄った島で寝ているうちに置き去りにされてしまう。 そこへディオニュソスが飛来して、彼女を救うという場面だそうだ。ディオニュソスの飛来感がよく出ていると思う。

まとめ

約二千年も前の市民の生活が、こんなにも良くわかるというのが、とても興味深い展覧会だった。 それというのも、この地で発掘調査に取り組んでこられた研究者の方々のおかげなのだと思う。

参考文献

  • 日本テレビ放送網発行「ポンペイ展 世界遺産 古代ローマ文明の奇跡 カタログ」

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

2010年7月11日 (日)

アタランテとヒッポメネス

先週、国立西洋美術館で開催されているカポディモンテ美術館展で、グイド・レーニ作「アタランテとヒッポメネス」を見たのを機会に、この物語を読んでみた。

オウィディウス変身物語では、巻十で、ウェヌスがアドニスに語った話の中に出て来る。 その概略を以下に:

物語の概略

アタランテがある日、どのような夫と結婚したらよいか神託を乞うたところ、神が答えて言うには「おまえには夫はいらない。結婚は避けよ。しかしながら、おまえは避けきれないであろう。そして、本来の自分を無くすであろう。」

これを恐れたアタランテは結婚せずに暮らした。求婚してくる男たちから逃れるため、厳しい条件を設けた --- 競走で自分と勝負して勝った者と結婚する、ただし負けた者には死んでもらう --- という。

こうした冷酷な条件にも関わらず、アタランテの美貌のゆえ、多くの求婚者が現れ、そして敗れて死んでいった。ヒッポメネスも、初めは何故そんな危険を冒してまで挑戦するのかと疑問に思っていたが、アタランテの美貌を目の当たりにした瞬間、我を忘れてしまった。そして、アタランテの前に進み出ると、彼女をじっと見つめて、競走を挑んだ。

そんなヒッポメネスの若々しさに、アタランテも心を惹かれた。彼を死なせたくないと思う。しかし、神託により結婚は避けねばならない。負けるべきか、勝つべきか、彼女の心には激しい葛藤が生じていた。

ヒッポメネスは競走の前にウェヌスの加護を求めた。ウェヌスはそんなヒッポメネスに心動かされたが、競走まで時間が無かった。そこで、たまたま手にしていた黄金のリンゴを3つ、彼の前だけに姿を現して、手渡した。負けそうになったら、このリンゴを投げて、アタランテの気をそらすようにという。

競走のラッパが鳴ると、二人は飛ぶような速さで走った。アタランテはヒッポメネスを抜き去れるのに、ためらい、ヒッポメネスの顔をしばし見ては、彼を後にすることを何度もしていた。

ヒッポメネスはやがて喘ぎ始めたが、ゴールはまだ遠かった。ヒッポメネスはとうとう黄金のリンゴの1つを投げやった。アタランテは驚き、黄金のリンゴを手に入れようとコースを外れた。その隙にヒッポメネスは彼女を抜き去ったが、しかしアタランテはすぐさま遅れを取り戻し、再びヒッポメネスを再び抜き去った。

ヒッポメネスはもう一度黄金のリンゴを投げやった。アタランテは、再び一旦は遅れはしたものの、やはり再びすぐに遅れを取り戻した。

コースの最後に近くなって、ヒッポメネスは力を込めて3つ目の黄金のリンゴを競技場の遠くへと投げやった。アタランテはそれを取りに行こうか迷っているようだった。それを見ていたウェヌスは、アタランテが取りに行くよう仕向け、しかも黄金のリンゴの重さを増して、彼女を遅らせた。その結果、ヒッポメネスは競走に勝つことができた。

こうしてヒッポメネスはアタランテと結ばれた。しかし、彼はそのことに対して、ウェヌスへの感謝を怠っていた。 ウェヌスは怒り、二人に罰を与えようと考えた。

二人が旅の途中、たまたまキュベレ(古代に信仰された大地の女神)の神殿の近くで休んでいるとき、ウェヌスはヒッポメネスの心を欲情でかき乱した。二人は近くにあった洞窟に入りこんで交わったが、そこは古代より聖域とされている場所だった。それを見て怒ったキュベレ神は、二人を恐ろしい獅子の姿に変えた。

グイド・レーニの絵について グイド・レーニ作「アタランテとヒッポメネス」

変身物語に書かれたアタランテとヒッポメネスの話は以上のようなものだが、要するに、若々しい二人の愛を懸けたレースの物語だ(最後はあまりよくないことになるが...)。グイド・レーニの絵は、そんな二人の活力を見事に描き出した作品だと思う。

黄金のリンゴが勝負のカギを握る重要なアイテムとなっているが、この絵では、アタランテの左手にすでに1つ黄金のリンゴがあるので、2つめを拾おうとしている場面を描いたものだと思う。3つめはおそらく、ヒッポメネスの隠れた左手にあるということなのではないかと思う。

参考文献

この記事を書くにあたり、以下の本・Webサイトに掲載されている情報を参考にさせていただいた。

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

2010年7月 4日 (日)

カポディモンテ美術館展@国立西洋美術館

国立西洋美術館で、6/26から「ナポリ・宮廷と美 カポディモンテ美術館展 -ルネサンスからバロックまで-」が開催されている。 西洋古典絵画ファンとしては、今年一番面白い展覧会だと思う。 さっそく見に行って来た。

展覧会概要

この展覧会はカポディモンテ美術館の収蔵品の中から選ばれた絵画/素描/彫刻/工芸品計80点で構成されている。

展覧会カタログの論文によると、カポディモンテ美術館というのは、18世紀にナポリを統治したブルボン家(スペイン)のカルロ7世(のちにスペイン王カルロス3世となる)により創建された宮殿が元になっているという。 カルロ7世の母親はファルネーゼ家の末裔で、宮殿はそのファルネーゼ家に伝わった美術コレクションを展示するために建てられたそうだ。

ファルネーゼ家は、16世紀半ばから17世紀初めにかけて栄華を極めたイタリアの貴族で、特に1534年に教皇を輩出している。 それがこの展覧会の一番最初に胸像が展示されているパウルス3世なのだそうだ。

展覧会に出展されている作品は、時代的にはマニエリスム期からバロック期にかけての作品が中心になっている。 マニエリスム期の、よく見ると微妙に歪んだ人物像、そして、バロック期の、暗い背景に強いコントラストで描き出す情景が多く見受けられ、 その意味で、ドラマチックな作品の多い展覧会だと思う。

内容的には、キリスト教、ギリシャ神話、肖像画が多くあり、自分としては非常に興味深い展覧会だと思う。

展示内容

アンニーバレ・カラッチ作「リナルドとアルミーダ」

自分としては、今展覧会で一番よかったのはアンニーバレ・カラッチ作「リナルドとアルミーダ」だと思う。 カラッチはファルネーゼ家に重用された画家だったそうだ。

この主題は、バロック期にトルクァート・タッソという詩人により書かれた「解放されたエルサレム」という叙事詩にあるそうだ。 十字軍のイスラム教徒との戦いを描いた叙事詩で、その中のエピソードの1つとして、イスラム教徒側の魔女アルミーダが十字軍の兵士リナルドを、その美貌で誘惑するという話であるらしい。 その誘惑感がすごくよく描かれた作品だと思う。

「解放されたエルサレム(エルサレム解放)」は、岩波文庫から日本語訳が出版されているようだ。是非読んでみなければ。

グイド・レーニ作作「アタランテとヒッポメネス」

次によかったのはグイド・レーニ作「アタランテとヒッポメネス」だと思う。 躍動感がすばらしい。

アタランテとヒッポメネスという主題自体はそれほどポピュラーではないように思うが、 アタランテとヒッポメネスを描いたものの中では、この作品は非常に有名な作品らしい。 ただし、展覧会カタログの解説によると、プラド美術館にもほぼ同じ絵があって、そちらのほうが先に描かれたものであるという。

アルテミジア・ジェンティレスキ作「ユディトとホロフェルネス」

アルテミジア・ジェンティレスキ作「ユディトとホロフェルネス」も、いい作品だと思う。

以前イタリアを旅行した際に、カラバッジョが描いた同じ主題の絵をローマの国立古典絵画館(バルベリーニ宮)で見たことがあるが、その影響を受けた作品だと思う。 こちらの作品も、カラバッジョに負けず劣らず、首を切られようとするホロフェルネスのすさまじい形相と、首を切ろうとするユディトの平然とした表情の対比が、なんとも面白い。

パルミジャニーノ作「貴婦人の肖像」

さらには、パルミジャニーノ作「貴婦人の肖像」も、気品のある大変美しい肖像画だと思う。 アンテアと呼ばれているが、実際のところこの女性が誰なのかは、わからないそうだ。

パルミジャニーノの作品がカポディモンテ美術館にあるのは、パルマはファルネーゼ家の領地であったことに由来するそうだ。

他にもいろいろといい作品があって、期待どおりの展覧会だ。 よく知らない主題の作品が多いし、会期も9月下旬まであるので、ぜひまたもう一度見に行きたいと思う。

参考文献

この記事を書くにあたり、以下の本に掲載されている情報を参考にさせていただいた。

  • ナポリ・宮廷と美 カポディモンテ美術館展 -ルネサンスからバロックまで- 図録

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »