トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

カンヴァスに描かれた女性たち展@高松市美術館

展覧会の概要

この展覧会は、女性像をテーマとして、大体16世紀から19世紀のキリスト教絵画、ギリシャ神話絵画、肖像画を展示するものだった。

出品はすべてポーランドはワルシャワにあるヨハネ・パウロ二世美術館の所蔵のものとのこと。ちなみに、Googleで「ヨハネ・パウロ二世美術館」と検索すると、いくつか過去に日本で開催された展覧会が出てくる。どうやらこの美術館の絵は、日本ではしばしば展示されているものらしい。実際、この展覧会のWebサイトに掲載されている「花の女神フローラに扮する女性」や「襞襟を着けた女性の肖像」は、昨年宇都宮美術館で開催された「栄光のルネサンスから華麗なロココ」展で見たことがある。ただ、今回の展覧会で、宇都宮美術館でも見た作品はおそらく3点ぐらいだったと思う。大半は、初めて見る作品だった。高松まで行った甲斐があったと思う。

開催された美術館

高松市美術館は、JR高松駅から歩いて15分程の、高松市の中心部にある。初めて行く美術館だ(と、いうより、四国に行くのが、自分にとっては初めてだったが)。

Takamatsucitymuseum

展示の内容

展示は大きく2つの部屋に分かれていて、1つ目の部屋がキリスト教や神話を主題とする歴史画、2つ目の部屋は女性や子供の肖像画、という構成になっていた。

この展覧会でよかった作品をいくつかあげるとすると:

  • ジャン=マルク・ナティエ作「花の神フローラに扮する女性」
    図録の表紙にもなっているこの展覧会の看板作品。エレガントな感じがいい。
    図録の論文によると、モデルはマダム・ヴィクトワール・ド・フランスという人で、ルイ15世の娘だそうだ。
  • グィード・レーニ作「聖家族 - エジブト逃避途上の休息」
    聖家族に洗礼者ヨハネ、天使が描かれている。
    これがエジブト逃避上の休息だというのだが、どこにその要素があるのだろう?
    それから、イエス・キリストが紐のようなものを手にしているが、その先(聖母マリアの肩の上あたり)に、暗くてよくわからないが、お腹の白い鳥が描かれているようだ。 何の鳥だろう?
  • ヨアヒム・フォン・ザンドラールト(父)作「レアンドロスの死」
    初めて聞く主題で、観たときには何の絵なのかわからなかったが、図録の論文によると、これはギリシャ神話で、海峡をはさんで相対する町に住む、巫女ヘロと青年レアンドロスが禁じられた恋に落ち、レアンドロスは毎夜人目を忍んで海峡を泳いでヘロのもとへ通うが、ある晩嵐に会い、レアンドロスが溺れ死んでしまうという話だそうだ。
  • ヤン・ファン・スコレル作「マグダラのマリア」
    もの静かで少し謎めいた感じがする、マグダラのマリアに見立てた女性の肖像。衣服の描写がすごくよくできていると思う。
    図録の解説によるとヤン・ファン・スコレルはルネッサンス期のネーデルランドはユトレヒトの画家とのこと。
  • フランチェスコ・ハイエ作「女性の肖像」
    英文のタイトルが「Portrait of a Woman as Ruth」となっている。 つまり旧約聖書のルツに見立てたものだ。
    図録の解説によると、ハイエは19世紀イタリアで、新古典主義の影響を受けた画家、とのこと。
    講演会で広島大学森川先生が言っていたところによると、この絵には同じ構図でもう1つ別の、ヌードのバージョンがあるという。 Googleで検索すると見つかるが、そちらはイタリアのボローニヤの美術館にあるらしい。 しかし自分としては、今回展示されている作品のほうがよいと思う。

全体的な感想

女性の肖像画には、聖人伝や神話に見立てたものが多くあるのが、面白かった。

2010年5月24日 (月)

展覧会予定

ここ数年、西洋の古典美術の鑑賞を趣味にしている。

時代で言うと、古代ギリシャ・ローマから、中世のロマネスク・バロック、近世のルネッサンス・バロック・ロココ、そして近代の新古典主義・ロマン主義のあたりまで。

それをテーマにブログを新たに始めることにした。

まずは、今年これから見に行きたい展覧会予定をリストアップ:

時期名称場所
開催中 ポンペイ展 横浜美術館
開催中 カンヴァスに描かれた女性たち展 高松市美術館
開催中 市民の愛したもうひとつのヨーロッパ絵画展 福井県立美術館
開催中 ボストン美術館展 森アーツセンターギャラリー
開催中 エル・グレコ《聖母戴冠》特別展示 長崎県美術館
6月 カポディモンテ美術館展 国立西洋美術館
7月 ブリューゲル版画の世界展 Bunkamuraザ・ミュージアム
8月 ポーランドの至宝展 東京富士美術館
9月 ラファエル前派からウィリアム・モリスへ展 いわき市立美術館
9月 ヴァザーリの回廊展 損保ジャパン東郷青児美術館
10月 アルブレヒト・デューラー版画・素描展 国立西洋美術館

トップページ | 2010年6月 »